マスク障害に対処します。

2020/11/10

厚生労働省によるとマスクの効果は限定的です。

 

感染者の飛沫を減少させることはできますが、

 

完全に防ぐことはできません。

 

他人からの飛沫を防ぐ予防効果はあまり認められません。

 

屋外で人と2m以上、離れている時はマスクを外すことが推奨され

 

ています。

 

マスク着用による、酸素欠乏や心的圧迫感、神経障害、頭痛、骨

 

折、顔面皮膚疾患、口内雑菌増加等による症状の発症を抑制する

 

目的で全職員にマウスシールドを配布します。

 

洗浄消毒が容易で、清拭で即乾燥、何回でも使用可能。

 

酸欠障害や加湿加熱障がい、骨折がなく、笑顔も見える。