マスク障害に対処します。

2020/11/10

厚生労働省によるとマスクの効果は限定的です。

 

感染者の飛沫を減少させることはできますが、

 

完全に防ぐことはできません。

 

他人からの飛沫を防ぐ予防効果はあまり認められません。

 

世界的にもマスクの効果についてのエビデンスはありません。

 

屋外で人と2m以上、離れている時はマスクを外すことが推奨され

 

ています。

 

マスク着用により身体に負担がかかることがあります。、心拍数

 

や呼吸数、血中二酸化炭素濃度(酸素欠乏)、体感温度が上昇や

 

心的圧迫感、神経障害、頭痛、骨折、顔面皮膚疾患、口内雑菌増

 

加等による症状の発症を抑制する目的で全職員にマウスシールド

 

を配布します。

 

洗浄消毒が容易で、清拭で即乾燥、何回でも使用可能。

 

呼吸が阻害されずに、表情や笑顔も見える。

 

 

WHOが無症状者のマスクはいらないと言っています。

 

1月29日 WHOテドリス事務局長、マスクは必要ない。

 

WHO、PCR検査陽性はCt値により90%以上の誤りがある。