グリホサート系農薬は使いません。

2019/03/15

 

WHOから発がん性を指摘され、世界33か国で使用販売を禁止されているグリホサー

 

ト系農薬が2017年12月から日本では真逆の規制緩和、使用拡大が図られ 残留基準値

 

も最大400倍に緩和されました。

 

日本国内ではグリホサート含有農薬の製品数が700種類以上、北海道や福岡県など全国

 

で出荷2週間前の農作物に散布して出荷している状況も散見されるようです。

 

日本は単位面積当たりの農薬使用量は世界第一位、多くの毒物が使用されています。

 

 

除草剤は、大地や水を汚し、微生物・虫を殺し、人の健康、自然を破壊します。

 

生態系を壊さないよう、できる限り除草剤を使用しないよう試みます。

 

弊社は、今後グリホサートを含有しない除草剤に代替えしてまいります。

 

日本国内では、唯一 福岡県宇美町において2016年8月から町管理施設では使用を控え

 

ています。

 

全世界のコストコでは販売を取りやめています。ダイソーでも販売を取りやめるようで

 

す。

 

昨年、米国では散布者のがん発症の責任を問われ数十兆円規模の裁判が起こされ、米

 

国モンサット社、独国バイエルン社が敗訴したことを受けて株価が大幅下落したよう

 

です。

 

役職員の三大疾病に備えます。

2019/03/15

役職員の三大疾病罹患に一時金(100万円)で備えます!「がん(悪性新生物)」

 

「急性心筋梗塞」「脳卒中」のいずれかに罹患診断した場合に、保険会社から直接、

 

役職員に一時金として「三大疾病保険金」を受け取れますので、安心して治療に専念

 

できます。平成31年3月20日に加入します。

 

沖縄県内事業所で45番目の加入、嘉手納・読谷地区で2番目、100名の加入は当社が県

 

内で初めてのようです、今までは1事業所で38名の加入が最大だったそうです。

 

保険金を受け取ったご本人様は所得申告がいりません。弊社は、全額経費で処理でき

 

ます。

 

この他にも危険業務従事職員に対しては共通団体傷害保険、希望するすべての役職員

 

には業務外も含めて24時間適用される団体生命共済、警備員に対しての普通傷害保

 

険、自動車保険、建物火災保険、警備事業者損害賠償保険(施設・機械)、ビルメン

 

テナンス賠償保険に加入しております。

 

加えて法的な義務があります労働災害保険、健康保険、雇用保険も加入して役職員の

 

もしもの被災、病気に備えております。

 

年1回の健康診断、夜勤者は年2回の全額補助や人間ドック受診者へ基本額全額補助な

 

ども併せて行っております。