(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会 研修旅行

2019/11/28

令和元年11月13日から15日までビルメンフェア2019で東京国際展示場に訪

 

れ、清掃ロボットをはじめ最新鋭の環境衛生資機材を見学させていただきました。

 

参加者は19名、うち3名が弊社の男性職員、国際展示場を後に山梨県の富士山、ブ

 

ドウ園、ワイナリー、紅葉などを見聞してまいりました。

 

 

水道水フッ素毒対策のために逆浸透膜浄水システムを導入しました。

2019/11/18

水道水にはフッ素塩素リチウムウラン毒が混入しています。

 

有害な毒除去を目的に逆浸透膜浄水システムを導入致しました。

 

ワイズグローバルビジョン株式会社からMYZ TW-500ROを導入しました。

 

1時間に500リットル精製し、フッ素、塩素、リチウム、ウラン、鉛、農薬殺虫剤化学

 

肥料成分等を除去します。

 

福利厚生の一環で全ての役職員の皆様に無料でご利用していただきます。

 

併せて、「手動式高性能浄水器ウォーターピュアプロ」を2台導入しました。

 

災害時に手動で淡水を1分間に 1.5リットル浄化し飲み水を作れます。

 

フッ素、塩素、農薬などの健康を損なう物質が沖縄の飲み水には混入しています。

 

フッ素は米軍基地から流出河川混入し、沖縄県企業局の河川採水の後、水道水で供給

 

されます。今も供給されています。米軍基地からは様々な毒物が流出し続けます。

 

フッ素は歯磨き粉、テフロン加工、フッ素加工として主食を炊く炊飯釜、主菜を調理

 

するフライパンからも摂取しています。

 

純石鹸歯磨き粉やセラミック製品、ステンレス製品、鉄製品利用で防げます。

 

発がん性物質の塩素は水道法に基づき0.1ppm以上、水道水に添加されます。飲食や入

 

浴により肺や皮膚から体内に吸収されます。除塩素フィルターにより取り除けます。

 

単位面積当たり世界一の農薬消費国の日本は、農薬による土壌汚染、大気汚染が深刻

 

です。発がん性が指摘され世界中で販売禁止になった農薬を日本は使い続けています。

 

散布された農薬が雨水、井戸、河川、湖沼、海水を経由して様々な環境ホルモンと一

 

緒に混ざり合い飲み水に混入して体内へと摂取されています。

 

さらにTPPや日米FTA締結により、多国籍企業が命を保つ大切な大切な水事業

 

参入しています。

 

近い将来、多国籍企業が水質、販売価格方法まで決定するようになります。

 

国民の生命、健康が危険にさらされます。

 

弊社はできうる対策を淡々と行ってまいります。

 

沖縄県企業局フッ素の安全性について

 

沖縄の人々は毒入りの水道水を飲まされている

 

フッ素の毒性

 

水道水の水質基準

 

水道水は安全なのか?

 

どうする? 日本の水道

 

 

 

 

 

以下に当社の水の仕組みを示します。

 

 

飲み水 水道→逆浸透膜浄水器→軟水器→ミネラル添加浄水器→アルカリイオン浄水    

 

    器→蛇口→給水(不純物を限りなく除去した軟水にミネラルとアルカリを添    

 

    加した水)

 

 

ナノバブル水 水道→逆浸透膜浄水器→軟水器→ミネラル添加浄水器→ナノバブル生

 

       成器(殺菌消毒や化粧室内の尿石の付着定着防止水)→供給用水缶へ

 

 

強アルカリ水 水道→逆浸透膜浄水器→軟水器→ミネラル添加浄水器→強アルカリ

 

       生成器(合成界面活性剤 洗剤代替え品)→供給用水缶へ

 

 

製氷機 水道→逆浸透膜浄水器→製氷機(不純物やフッ素、塩素、農薬、肥料成分、

 

    細菌類が取り除かれた純氷)

 

 

普通水 水道→逆浸透膜浄水器→マイクロバブル添加フィルター→蛇口→給水