役職員の三大疾病に備えます。

2019/03/15

役職員の三大疾病罹患に一時金(100万円)で備えます!「がん(悪性新生物)」

 

「急性心筋梗塞」「脳卒中」のいずれかに罹患診断した場合に、保険会社から直接、

 

役職員に一時金として「三大疾病保険金」を受け取れますので、安心して治療に専念

 

できます。平成31年3月20日に加入します。

 

沖縄県内事業所で45番目の加入、嘉手納・読谷地区で2番目、100名の加入は当社が県

 

内で初めてのようです、今までは1事業所で38名の加入が最大だったそうです。

 

保険金を受け取ったご本人様は所得申告がいりません。弊社は、全額経費で処理でき

 

ます。

 

この他にも危険業務従事職員に対しては共通団体傷害保険、希望するすべての役職員

 

には業務外も含めて24時間適用される団体生命共済、警備員に対しての普通傷害保

 

険、自動車保険、建物火災保険、警備事業者損害賠償保険(施設・機械)、ビルメン

 

テナンス賠償保険に加入しております。

 

加えて法的な義務があります労働災害保険、健康保険、雇用保険も加入して役職員の

 

もしもの被災、病気に備えております。

 

年1回の健康診断、夜勤者は年2回の全額補助や人間ドック受診者へ基本額全額補助な

 

ども併せて行っております。

 

 

温熱医療機器を導入しました。

2019/03/03

 

リブマックス12700温熱医療機器を福利厚生目的で導入しました。

 

電位治療効果として頭痛・肩こり・慢性便秘・不眠症の緩解

 

温熱治療効果として疲労回復、血行をよくする、筋肉の疲れをとる、

 

筋肉のこりをほぐす、神経痛、筋肉痛の痛みの緩和、胃腸の働きを

 

活発にすることが期待できるようです。

 

仕事の基本は、従事する者の心身の健康、元気もサービスの一部です。

 

従事者の身体的負担軽減を試みます。

 

 

高齢者活躍人材育成事業「清掃スタッフ講習」

2019/02/06

沖縄労働局からの委託事業として、シルバー人材センターにおいて派遣就業等を希望する地域

 

にお住いの高齢者(シルバー人材センター会員及び入会予定者)を対象に、基本的な知識・

 

技能を取得するための技能講習を開催し、シルバー会員の就業の拡大を図る事業を(公社)

 

沖縄県シルバー人材センター連合が実施主体として行っております。

 

(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会が講師派遣に協力しています。

 

 

平成30年度の高齢者活躍人材育成事業第7回「清掃スタッフ講習会」が読谷村シルバー人材セ

 

ンター2階会議室にて平成31年1月16日(水)~23日(水)までの6日間(13:00~16:00まで

 

の3時間)開催されました。

 

 (一社)沖縄県ビルメンテナンス協会副会長・事業委員長である当社代表が全日程の講師を

 

担当致しました。

 

日本は人口の半分が50歳以上になりました。

 

日本のため、沖縄のため、地域のため、子供たちのために衰えるわけにはいきません。社会を

 

支える側で少しでも貢献しなければなりません。

 

当社の職員の3人に一人が60歳以上の方々です、60歳を超えて地域社会を支えて、健康維持や

 

暮らし向きを良くするために働き掛けをされる先輩方に尊敬の念を抱きます。今後も協力し

 

てまいります。

 

世界特許、「雷を発生させない」革新的な避雷針

2019/01/25

dinnteco 世界37カ国で選ばれた雷被害のベストソリューション

 

最大半径100m以内の直撃雷から保護、全世界の施設・設備で6,400本超の導入実

 

績、県内においてもPDCEブランドで設置実績があるようです。

 

雷は電磁波そのもの、発生させない仕組みは空間の電磁波対策です。

 

事業所社屋に設置することを検討しております。

 

 

DINNTECO JAPANサイトへ

 

最新テクノロジー「雷を発生させない避雷針」説明動画

 

 

雷から保護される範囲のシュミレーション動画

 

 

 

4.dinntecoパンフレット

 

日本国内おいてPDCEの名称で同型機2,000台の設置実績があるようです。

 

 

 

 

 

 

 

寄付金を贈呈致しました。

2019/01/23

 

平成31年1月17日に寄付金を贈呈致しました。読谷村社会福祉協議会に福祉目的寄付を

 

22年間、読谷村教育委員会に育英目的寄付を18年間、恩納村教育委員会に育英目的寄

 

付を18年間、続けてまいりました。社会貢献は我が社の義務であり、誇りです。これ

 

からも続けてまいります。