総合ビルメンテナンスヨミタン読谷協同産業株式会社オフィシャルサイト トップページへ
お問い合わせ
ホームページ利用規約
縮小 標準 拡大
個人情報保護方針
業務案内 身近な働きかけ 職業教育 住まいと暮らしの知恵袋 会社概要 採用情報
身近な働きかけ
読谷協同産業メニュー

地域貢献活動

防犯活動・防災活動

  警備業務車両巡回時の地域防犯活動、廃棄物収集運搬時の犯罪防止監視活動、青色点滅灯パトロールの実施、子供を守る安全安心パトロール及び地域に対して防犯注意喚起 看板の設置を行っています。 

犯罪発生の壊れ窓現象を考慮して、地域内のゴミの収集、不法投棄物の撤去を行っています。
   
事務所周囲は、夜間は暗いため、防犯効果を向上させるため、水銀灯を点灯して、周囲を明るくしています。夜間作業要員も、出入時に周辺地域を巡視しています。

沖縄県警察官友の会を通じて警察活動を応援しています。

沖縄県消防学校の消防官養成教育にプレス式塵芥収集車、被災時の救出方法、学習教材として利用していただきました。

 

 

交通安全活動

  地元交通安全協会活動への積極的な参加を通じて、地域交通安全広報活動や、飲酒運転防止及び子供飛び出し注意喚起看板の設置を行っています。

 

 

清掃を通しての活動・花園等環境美化活動

  毎日、当社職員が始業前ラジオ体操終了後、事業所隣接地のゴミ拾い及び、年2回の沖縄県の美ら島全県一斉清掃活動に合わせた、一般社団法人沖縄県ビルメンテナンス協会ボランティア清掃活動への参加、毎年6月に行われます読谷村内一斉海浜清掃への参加等を行っています。
 
  一般社団法人沖縄県ビルメンテナンス協会青年部は、那覇市協働の街づくりに協力しています。宇久増公園及び牧志公園を無償ボランティアで月に2回清掃管理を行っています。協会員として、当社も協力しています。
  
事業所周囲に季節の花木を栽培し、地域の皆様・観光客の皆様に季節感のある花々を楽しんでいただけるよう活動しています。

 

 

福祉を通しての活動

  読谷村福祉協議会(平成10年から21年連続)を通じた寄附及び日本赤十字社、赤い羽根共同募金(法人、職域、募金箱設置)、 歳末たすけあい募金、福祉協議会寄付目的の各種チャリティ公演も協賛広告を通じて応援しています。
  
  財団法人沖縄県交通遺児育成会の活動も応援しています。

  福祉目的・教育目的の寄付を創業より続け、合わせて10,000,000円を超える金額を地域社会にお返しすることができました。

 

 

教育・就業支援活動

  奨学金等の育英事業(読谷村は平成14年から17年連続・恩納村は平成14年から17年連続・うるま市)への寄附、図書購入目的の寄附、教員初任者研修、勤続10年者研修への協力、特別支援学校生徒研修等を行っています。
  
近隣の学校行事のウォーカーソンも 応援しています。
  
子ども達に食事の大切さを教えるための広告うちわの無料配布に協力しました。
  
2016,2017年、平成28,29年 年賀はがきを読谷郵便局を通して地元の小学校に寄付させていただきました。

(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会の協力する沖縄県教育庁特別支援学校支援協定に基づき、当社代表者が、理事・事業員長として、沖縄県教育庁、高等特別支援学校ビルメンテナンス検定試験開発技術専門委員として派遣され清掃指導を通してご協力させていただいております。平成27年度は6校、平成28年度は7校に伺い実技指導を致しております。
平成28年11月及び平成29年2月に開催されます技能検定にも参加いたします。
同様に(一社)沖縄県シルバー人材センターの清掃指導講習会にも参加協力をしております。

2018年(平成30年)10月から11月に沖縄県で開催される技能五輪全国大会・アビリンピック(障害者技能競技大会)の開催準備委員会が沖縄県商工労働部を主管として立ち上げられ、その大会運営、沖縄県出場選手の発掘育成を効率的かつ効果的に実施するため、大会関係者、障害者団体、技能関係団体、経済団体で構成する全国アビリンピック選手育成専門部会に(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会推薦の委員として当社代表者が参加協力します。2016年(平成28年2月)から2年9か月の取り組みになります。


 沖縄県商工労働部雇用政策課が主催するグッジョブ運動の一環としての読谷村が共催する小学生向け職業案内事業に2015年・2016年・2017年の3年連続、当社の取締役業務部長及び取締役管理部長が参加して警備業務のご紹介をさせて頂きました。

 

伝統芸能・文化スポーツ活動・地元広報・生活情報の提供活動

    地域コミニティ情報を発信するFM局に広告依頼することにより、運営を支えています。
   
地元エイサーまつり、読谷まつり、ちゅーばーリーグ等ソフトボール、陸上競技大会等の協賛広告等を通じた応援を行っています。
   
中日ドラゴンズの選手の皆様も、牛一頭パーティーを通じて応援しています。
   
地元のシニアソフトボール本土派遣及び、地元公民館の角力大会(沖縄相撲)も応援しています。
   
読谷村観光協会の主催する観光闘牛も応援しました。
   
読谷村スポーツ振興推進協議会スポーツ大会派遣費用助成交付事業も応援しています。
   
地域コミュニティーの要としての、公民館建設事業や地元県立高校の創立記念式典等も応援しています。
   
屋良朝苗先生の記念碑の建立にもご協力させていただきました。

歌手の森山良子さんで有名な、寺島尚彦氏、作詞作曲「さとうきび畑」歌碑建立(読谷村字高志保)にも協力いたしました。思い出の里づくり、観光地創造活動にも協力しています。
   
ホームページを通じて地元の観光地・花木の紹介及び日常生活に必要な身近な情報の提供も行っています。
   
読谷村・嘉手納町テレパル50電話帳の無料配布スポンサーになることにより、べんりな生活を応援しております。
    
一般社団法人沖縄県警備業協会の広告スポンサーになることで、広報誌の発行活動を支えております。

 

 

環境保護活動

  緑の募金への寄附を通じて、森づくり、人づくりを応援しています。

「ゴミ減量化 環境にやさしい街づくり」の広告を塵芥収集車に掲載して環境保護を啓発する車両運行を行っております。
  
地方公共団体が主催する植樹祭にも積極的に参加しています。

 

 

業界団体等活動

  嘉手納地区防犯協会理事職を通して、地域防犯活動を支えています。

読谷村商工会副会長職を通じて、沖縄県商工労働部、沖縄県商工会連合会、読谷村役場、読谷村各種団体等や地元商工業者の活動を積極的に応援しています。
  
一般社団法人沖縄県ビルメンテナンス協会の活動・教育事業に協力するために、理事職1名(副会長・事業委員長・講師部会長・九州沖縄地区研修運営幹事)・講師3名(ビルクリーニング技能検定対策講習・清掃作業者従事者研修・ねずみ昆虫等防除作業従事者研修・飲料水貯水槽清掃作業従事者研修等)を派遣しています。

沖縄県ビルメンテナンス政治連盟の活動に協力するために、理事1名を派遣しています。

沖縄県ビルメンテナンス事業協同組合の活動に協力するため、理事職1名(副理事長・営業推進委員長)を派遣しています。
  
公益社団法人全国ビルメンテナンス協会九州地区本部の教育事業に協力するために、講師2名(清掃作業評価資格者認定講習 組織品質・作業品質、ビル設備技能検定受験対策講習)を派遣しています。  

(一社)九州建築物環境センター 品質評価に関する特別委員会に沖縄県代表委員を1名派遣しております。2014年6月に九州大学病院の清掃管理品質評価インスペクション、病院清掃ラウンドチェックに専門員を1名派遣致しました。
  
2016年10月に第2回目の清掃管理品質評価インスペクションを行うために九州大学病院に当社代表者を専門員として派遣いたしました。

公益財団法人日本建築衛生管理教育センターの建築物衛生法に基づく厚生労働省認定法定講習会「統括管理者講習会」、「清掃作業監督者講習会」、「飲料水貯水槽清掃作業監督者講習会」(県内開催時)の講師2名(大嶺・國吉)を派遣しています 。  
  
平成26年10月23日に 第13回九州地区ビルクリーニング技能競技大会(クリーンクルーオリンピック2014in大分)に当社から沖縄県代表競技審査員1名を派遣しました。

平成28年9月30日開催の第14回九州地区ビルクリーニング技能競技大会in鹿児島にも同様に派遣いたしました。
  
平成29年11月17日(金)~19日(日)に栃木県宇都宮市で開催されます「とちぎ技能五輪・アビリンピック2017、第37回全国アビリンピック」へ沖縄県協会推薦で(公社)全国ビルメンテナンス協会審査補佐員として当社代表の大嶺が参加致します、平成30年11月に沖縄県で開催されます全国大会では審査員を務める予定になっております。

一般社団法人沖縄県警備業協会の活動及び沖縄県公安委員会の国家資格講習に協力するため、総務委員1名、講師2名(施設警備2級・交通誘導2級講習・警備員指導教育責任者認定講習1号・2号業務)を派遣しています。

(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会が主催して毎年開催しております「環境衛生シンポジウム」の平成27年2月の第10回開催においてコーディネーターを、平成27年11月の第11回開催においてパネリストを派遣しております。

沖縄県労働局の要請に基づき2年に1回、(一社)沖縄県経営者協会から推薦選出される沖縄県地方最低賃金審議会沖縄県最低賃金専門部会使用者側参考人として平成25・27・29年度に当社代表取締役社長 大嶺健太郎が参加して意見を述べさせていただいております。沖縄県内においては毎年、労働者側から1名、経営者側から1名選出され参考人意見として公益選出委員、使用者側選出委員、労働者側選出委員に対して実情の説明意見を述べさせていただいております。

 

 

手術支援・災害支援

 美優ちゃん心臓移植寄付及び、東日本震災義援金寄付を行いました。
(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会及び沖縄県ビルメンテナンス協同組合を通して大分熊本地震義援金寄付を行いました。




(一社)沖縄県ビルメンテナンス協会を通して心臓移植が必要な森川陽茉莉ちゃんを支援するために寄付を行いました。