m-RNA遺伝子改変製剤(コロナワクチン)への対処法

2021/05/26

 

スパイクタンパク伝達の解毒は松葉スラミンが効能あること

 

 

ネット上で散見されます。コロナワクチンのデトックス

 

 

弊社では、松葉の油から抽出されたスラミン成分の効能に期

 

 

待して、金沢市の中屋彦十郎薬局から日本産松葉を6kgを入

 

 

手しました。

 

 

自動煎じ器にてお茶や生薬にして職員に提供します。

 

 

500gの中国産松葉の粉末、計55kgを全職員に支給しま

 

 

す。

 

 

支給在庫で川ばた乃松葉エキス(200粒)も20瓶入手しまし

 

 

た。

 

 

 

解毒剤としての効能がある松葉茶

 

 

 

ネイチャーの論文 

 

 

スラミンによるSARS-CoV-2RNAポリメラーゼの阻害の構

 

 

造的基礎

 

 

SARS-CoV-2RdRpの直接的かつ強力な阻害剤であることを示

 

 

している。

 

 

 

 

厚生労働省がコロナ存在科学的根拠なしと認

 

ています。

 

 

 

 

 

 

PCR検査の綿棒の先新型コロナワクチンにはナノチップ磁

 

 

 

性体が混入していることが疑われており、ワクチン接種者の

 

 

 

接種部位全身の皮膚に磁石が付着することや体から電磁波

 

 

 

を発しているなどの動画がネット上で散見されています。

 

 

 

 

 

ワクチン2回接種100日経過した人々はフリーズする。今

 

 

 

後、さまざまな事故が増加する。

 

 

 

 

 

ワクチンを2回接種した日本人男性看護士の腕にも磁石が付

 

 

 

着。

 

 

 

 

 

ワクチン接種者の頭部にスマートフォンが付きます。

 

 

 

 

COVID-19ワクチンの瓶に直接、磁石が付きます。

 

 

 

COVID-19ワクチンにマイクロチップが入っています。

 

 

 

市販の牛肉に磁石が付きます。m-RNAワクチンが家畜にも

 

 

 

種されている。?  その2 鳥ササミ肉

 

 

 

その3 肉のパック内の水滴が磁石で移動する画像

 

 

 

 

それ以外にも体から電波を発し、近接する電子機器に

 

 

 

Bluetooth自動接続スタンバイモードを行っています。

 

 

 

ワクチン接種後、スマートフォンのBluetooth自動接続モー

 

 

 

ドへ

 

 

 

 

 

この現象は、人間の脳が人工AIの命令下に置かれることを意

 

 

 

味するとネット上で散見されます。

 

 

 

 

 

脳の遠隔操作が可能に2016年の科学誌ネイチャー。

 

 

 

 

 

行動や脳の活動を遠隔操作できる遺伝子組み換えタンパク質

 

 

 

「マグニート」

 

 

 

 

 

 

ピエール・ギルバート博士[Dr. Pierre Gilbert]は、1995年

 

 

 

の講演で、「液晶を使ったワクチンが法律で義務化され」、

 

 

 

その液晶が磁力線にさらされると、接種者の脳を支配できる

 

 

 

と予言しました。

 

 

 

 

 

 

 

警告、ワクチンを接種してはいけない。「ノーベル生物学・

 

 

 

医学賞科学者 リュック・モンタニエ博士 HIV発見でノー

 

 

 

ベル賞 ワクチン接種がワクチンに強い変異株を作ってい

 

 

 

る、感染拡大はワクチンによって作られた。接種者はほぼ2

 

 

 

年以内に・・・

 

 

 

 

 

 

ファイザーの元副社長兼アレルギー・呼吸器系チーフサイエ

 

 

 

ンティスト、マイケル・イェードン博士 接種してはいけな

 

 

 

い!

 

 

 

 

 

 

元ビル・ゲイツ財団のワクチン開発局長のボッシュ博士は人

 

 

 

の存続のためにワクチン接種使用停止を訴えている。

 

 

 

 

 

弊社では電磁波測定機器により接種職員の電磁波を測定しま

 

 

 

す。

 

 

 

 

 

 

万一職員が接種し、同様の状況が生じたときには、生涯で約

 

 

2000件の発明と1000件の特許申請を行い、全て権利

 

 

放棄し、日本の発展にご貢献された故政木和三工学博士開発

 

 

の超強力神経波磁力線にて善処できないか試行してみます。

 

 

 

 

201802201737000